軽自動車は買い取り店に売ろう!ディーラーの下取りはダメ?

軽自動車は買い取り店に売ろう!ディーラーの下取りはダメ?

軽自動車 買取 下取り

 

軽自動車を売る時に、次の購入する車が決まっている場合はディーラーへ下取りに出してしまう方が多いです。

 

最近では中古車買い取り店の認知度が上がってきたので、下取りと買い取りの比較をする方も増えてきました。

 

ほとんどの場合は買い取り店で売る方が高く売れます。

 

車によっては下取りの方が高く売れることもあるので、できれば買い取り業者と下取りで実際に比較してみると良いです。

 

めんどくさい方は買い取り店のみに査定してもらう方が確実なので、試してみてください。

 

かんたん車査定ガイドでは下取り額と買取業者からの査定額の差が見れるのと、一括査定に申し込むと実際に売れると思われる概算額が出るのでおすすめです。

 

軽自動車を下取りに出すデメリット

 

ディーラーへ下取に出すことを悪くばかり言ってますが、もちろんメリットもあります。

 

ここではまず軽自動車を下取りに出すことでどのようなデメリットがあるか紹介します。

 

新車の値引き額が下がってしまう

 

下取りの場合はよく言われていることなのですが、新しく購入する車の値引き額が減らされて下取り額を高く見せられることがあります。

 

その場合に比較すると、買取額よりも下取り額が高くなってしまいます。

 

次の車を購入する際に下取りに出してしまうと、本当の値引き額が引き出せなくなってしまうので注意が必要です。

 

買い取り店へ売るよりも低い査定額になる

 

ディーラーの下取りは市場での人気などは関係なく、年数や車のタイプ、走行距離などで査定額が決まってしまいます。

 

特に今人気の軽自動車は中古車市場ではとても高く流通しているのでもったいないです。

 

ディーラーの場合はメーカーが決まっているので、自社ではなく他社のメーカーや外車を下取りするときには査定額が低くなります。

 

買い取り店では評価される純正部品以外の社外品パーツが、ディーラーでは評価されないのでその分損することになります。

 

 

金額よりも時間のほうが大事な方はディーラーへの下取りをオススメします。

 

あとはディーラーとの関係などもあると思うので、信頼関係が大事な方も下取りが良いです。

 

しかしディーラーよりも10万円以上高く売れる可能性があるなら、私なら半日程度の時間を使ってでも買い取り店に査定してもらいます。

 

何度も言いますが、軽自動車は特に今は人気なので下取はもったいないです。

 

当サイトで紹介している一括査定サービスを使うと、最も高く買い取ってくれるお店が見つかりますよ。


関連ページ

軽自動車の査定時に必要な6つの書類を準備しよう!
軽自動車を売る際に査定してもらうのですが、そのときに必要な書類が6つあります。 簡単に準備できるので、車を売ると決めたら早めに用意しましょう。
軽自動車を高く売るにはキズやヘコミは直してはいけない!
軽自動車を査定に出す際に、キズやヘコミがあるけど直してから査定に出した方が高く売れるのか気になりますよね。 このページでは直さない方が良い理由を紹介します。