軽自動車を高く売るにはキズやヘコミは直してはいけない!

軽自動車を高く売るにはキズやヘコミは直してはいけない!掃除だけしておこう

軽自動車 キズ ヘコミ

 

私の軽自動車もキズやヘコミがあるのですが、キズは誰でも数年乗っていると付いてしまいます。

 

特にドアノブ周りは毎回さわる部分なので、傷だらけです。。。

 

車を売る時には直してから査定に出した方が良いのか迷いますよね。

 

結論だけ初めに言ってしまうと、キズやヘコミは直さずにそのまま査定に出しましょう。

 

理由を詳しく知りたい方はこのページを読み進めてみてください。

 

消えるキズならマイナスの評価にならない

 

薄い線のキズはコンパウンド(研磨剤)ですぐに消えてしまうので、自分でコンパウンドやタッチアップペイントを購入して直そうと考える方も多いです。

 

自分で直すのに慣れている方は良いのですが、初めての場合は失敗するリスクの方が高いのでそのまま査定に出しましょう。

 

すぐに消えるキズはほとんどの買い取り店はマイナス査定にならないと言っています。

 

大きな傷やヘコミはマイナス評価になってしまう

 

小さなキズはマイナスにならないことが多いですが、大きなキズやヘコミはマイナス査定になってしまいます。

 

これを聞いて、「それなら査定に出す前に修理に出さなきゃ!」と思いましたか?

 

修理に出してキズやヘコミがキレイになった方が、当然査定額は高くなります。

 

しかし修理にかかった費用の方が高く付いてしまうので、結果としては損をすることになってしまうので注意してください。

 

買い取り店は自社で修理工場を持っていたり、安い修理工場を抱えていることがほとんどなので、自分で修理に出すよりも買い取り店の方が安く直せます。

 

メーカー保証範囲内で修理が無償でできる場合以外は、そのままの状態で査定を受けましょう。

 

洗車や車内の掃除だけしておこう

 

キズやヘコミはそのままで良いのですが、洗車と掃除だけはしておきましょう。

 

よく「洗車するとキズが見えてしまう」と言われていますが、上で説明した通り汚れで見えない程度のキズはマイナス査定になりません。

 

どうしても時間が無い時には洗車機でも良いです。

 

大きなキズやヘコミが見えなくなるほど汚い状態で査定に出すことはやめた方が良いです。

 

こちらが売る側なので、高く売りたいなら掃除くらいはしておくべきです。

 

車の買取も同じですが、逆にあなたが物を買う時に汚かったら買う気にならないですよね。

 

 

査定士に良い印象を与えて「この人は車をキレイにしているからメンテナンスもしているんだろう」と思われます。

 

逆に汚い場合は「こんなに汚い状態で査定に出すならメンテナンスもできてないだろう」と思われてしまいます。

 

車内もできるだけ掃除して余計なものは降ろしておきましょう。


関連ページ

軽自動車の査定時に必要な6つの書類を準備しよう!
軽自動車を売る際に査定してもらうのですが、そのときに必要な書類が6つあります。 簡単に準備できるので、車を売ると決めたら早めに用意しましょう。
軽自動車は買い取り店に売ろう!ディーラーの下取りはダメ?
軽自動車を売る時は買い取り店の方がディーラーよりも高く売れることがかなり多いです。 楽だからといってディーラーへ下取りに出すと十万円以上損することもあります。